初めて来院される方へ
総合診療科 内科系診療科 外科系診療科 繁殖系診療科 腫瘍科 眼科 エキゾチックアニマル診療科 病理診断科 動物看護科 セカンドオピニオン
今知ってほしいどうぶつ医療情報 研究・講演・表彰実績 開院35周年記念冊子 Web版はこちらから ほーら開けてごらん心のとびら小嶋孝代心理相談室 求人情報

不妊・去勢手術

子犬や子猫を飼い始めたご家族のみなさまから、不妊手術や去勢手術について質問を受けることがよくあります。 不妊手術とは雌の卵巣や子宮を摘出し、永久的に妊娠ができないように、去勢手術とは雄の精巣を摘出し、 妊娠させられないようにする手術です。 不妊手術、去勢手術にはそれぞれ、メリットデメリットがあります。

不妊手術のメリット

・望まない妊娠を防ぐ
・発情がこないため、発情中のストレスを防ぐ
(動物、飼い主ともに)
・子宮や卵巣の病気を防ぐ
・早期の不妊手術は乳腺腫瘍の発生率を下げる
(最も抑制するのは初回発情前の手術です)

去勢手術のメリット

・犬では前立腺肥大や肛門周囲腺腫、
会陰ヘルニアなど性ホルモン関連の病気を防ぐ
・猫ではスプレー行動をかなり抑えられる
・雄の性行動を抑えられる
(100%ではありません。個体差あり)

不妊手術のデメリット

・肥満になりやすい傾向がある
・子犬・子猫を産むことができない など

去勢手術のデメリット

・肥満になりやすい傾向がある
・子犬・子猫をつくれない など

不妊手術・去勢手術後は食事管理が大切!

手術に伴い、体のホルモンが変化し、肥満のリスクが高まります。また、肥満によって糖尿病や下部尿路疾患などの疾患にかかるリスクも高まります。これらのリスクは、食事によって予防することができます。
当院では、健康な体の維持を目的とし、カロリーを抑えつつも高嗜好性で、下部尿路にも配慮したバランスの良い総合栄養食をおすすめしております。 サンプルをご用意しておりますので、スタッフまでお声がけください。

当院では不妊手術・去勢手術を次のような流れで行っています
  • 術前検査

    身体検査・血液検査 事前に全身麻酔や手術を行える健康な体かどうか検査をします。

  • 手術当日(当日9時30分までのご来院)

    胃内に食べ物などがあると麻酔中に嘔吐で誤嚥などの事故につながるおそれあるため、必ず絶食絶水で、ご来院ください。

  • 手術前の状態確認、処置

    点滴、注射→酸素吸入と麻酔前処置

  • 手術

    麻酔(吸引麻酔による全身麻酔)→手術部の消毒→手術

  • 術後の状態確認

    麻酔から覚める→安静

  • 入院

    入院中はスタッフが状態を随時確認し、治療を行います。

  • 退院

    去勢手術:通常は夕方のお帰り。
    不妊手術:通常は手術後2日目に退院

  • 退院後

    通常は手術後10日で抜糸→食事管理

不妊手術や去勢手術を受ける、受けさせないに関してはさまざまな考え方があると思います。飼育した動物の幸せを願って、ご家族の皆さまがしっかり考えていく事柄だと思います。
いろいろな疑問がわいてどうすればいいのか迷ってしまうことがあれば、どうぞ、お気軽にご質問ください。
ご家族の皆さまと動物達が幸せに暮らせることを心より願っております。