初めて来院される方へ
総合診療科 内科系診療科 外科系診療科 繁殖系診療科 腫瘍科 眼科 エキゾチックアニマル診療科 病理診断科 動物看護科 セカンドオピニオン
今知ってほしいどうぶつ医療情報 研究・講演・表彰実績 開院35周年記念冊子 Web版はこちらから ほーら開けてごらん心のとびら小嶋孝代心理相談室 求人情報

内科系診療科

内科系診療科

内科系診療科では、診療や各種検査により総合的に判断し、内科的治療を行っております。

皮膚科

皮膚病は生涯にわたり治療が必要になることもあります。しっかり診断をし、治療を始めることが大切です。当院では、皮膚感染症、アレルギー性皮膚炎、犬アトピー性皮膚炎などの各種皮膚疾患の診療をおこなっております。また、メディカルシャンプーによる治療も行っております。

■ 【日本獣医皮膚科学会所属】

呼吸器科

『咳をする』、『くしゃみや鼻水がでる』など呼吸器系に関する診療を行っております。

循環器科

心臓病は高齢化とともに増加し、長期にわたって治療が必要な疾患です。動物の状態に合わせた治療や胸部レントゲン、心臓超音波検査、心電図などの検査を実施しています。

消化器科

『下痢をした』、『嘔吐をした』というような胃腸疾患、肝胆道系疾患、膵臓疾患など各種消化器疾患について診療を行っております。

血液内科
血液内科

貧血、血小板減少症、血液凝固不全症やリンパ腫など血液やリンパ組織の異常に関する疾患について診療を行っております。

内分泌科

糖尿病、甲状腺機能亢進症および低下症、副腎皮質機能亢進症および低下症など、内分泌に関する診療を行っております。

≪甲状腺、クッシングに関する発表≫

雑種犬にみられたクッシング症候群の1例 日本臨床獣医学会(中部)1988
猫における総サイロキシン測定の有用性 日本小動物獣医学会(中部)2002
猫における総サイロキシン測定の有用性 第4回日本臨床獣医学フォーラム年次大会2002
スナップT4を用いた犬血清総サイロキシン測定の有用性 日本小動物獣医学学会(中部)2003
スナップT4を用いた犬血清総サイロキシン測定の有用性 第5回日本臨床獣医学フォーラム年次大会2002