初めて来院される方へ
総合診療科 内科系診療科 外科系診療科 繁殖系診療科 腫瘍科 眼科 エキゾチックアニマル診療科 病理診断科 動物看護科 セカンドオピニオン
今知ってほしいどうぶつ医療情報 研究・講演・表彰実績 開院35周年記念冊子 Web版はこちらから ほーら開けてごらん心のとびら小嶋孝代心理相談室 求人情報

腫瘍科

腫瘍とは

現在、動物の高齢化に伴い、腫瘍に対して診断・治療を行う機会が増えています。そもそも腫瘍とは、自身の細胞が生体内の制御に反して自律的にかつ過剰に増殖することによってできる組織塊のことを指し、その形態および動態によって良性腫瘍と悪性腫瘍(がん)に分類されます。腫瘍は予防することができないため、早期発見、早期診断と最適な治療の選択が重要になります。

腫瘍を診断する
肥満細胞腫の細胞診像
肥満細胞腫の細胞診像

当院の腫瘍科では、特に病理診断科と連携を計り診断を行っています。
正しい診断・治療に導くために、病変に対して細胞診断を行います。
また、外科的切除後には病理組織診断を介し予後などを含めた確定診断を行います。

腫瘍を治療する
腫瘍科

腫瘍に対する治療は目的によって、根治治療、緩和治療、予防的治療に分けられます。各検査から得られた情報を総合的に判断して治療目的を決定します。治療法には外科療法、放射線治療、化学療法などがあり、いずれの治療法にも利点と欠点があります。当院は、腫瘍と闘うことを決意されたご家族さまに、少しでも多くの治療の選択肢を提示できる病院でありたいと考えています。いっぽう完治が難しい場合も、ご家族さまと十分に話し合って、動物のQOL(Quality Of Life:生活の質)を維持・向上できるよう積極的な緩和治療をご提案しています。