セカンドオピニオン

セカンドオピニオンの重要性

「セカンドオピニオンをうけたい」と来院されるケースが増えています。
病気の原因が分からない、治療の選択肢がない、病気の見立てに納得していない、など来院される理由はさまざまです。

セカンドオピニオンは、このように困っている動物とご家族さまが、今までかかっていた動物病院ではなく、別の獣医師に意見を求めることで、病気に対する知識や見解を広め、治療方法を決定する有効な手段です。

小島動物病院アニマルウェルネスセンター

ギャップが生じて

しかし、意見を求めて、いくつもいくつも動物病院を渡り歩き、動物病院迷子になってしまったというお話を耳にすることは少なくありません。
現在の動物医療は、従来の総合的に診察を行うホームドクターと、高度な医療を専門にしているドクターと二極化してきていると言われています。せっかくセカンドオピニオンに行くのなら、今まで納得できなかったことを解消したいところですが、ここに困ったことが起こってしまいます。

  • ホームドクターからホームドクターに行き、確実な診断・治療法が聞きたいのに、前の病院とさほど変わりがなかった。
  • ホームドクターから専門分野に特化したドクターに行き、たしかに高度な医療をしてもらえるが、自分たちの生活スタイルに合わない、ついていけない。

といった、なんとなく思い描いていた理想と現実のギャップに直面する場面があります。

セカンドオピニオンに思い描いている理想

背景は様々でも、動物とご家族さまがその家族なりの充実した時間を過ごしたいと考えられていることは、共通していると思います。そのためには、

このふたつが揃って、はじめて意味のあるセカンドオピニオンになると考えています。また、当院がセカンドオピニオンに選ばれている理由だと感じています。

当院が動物とご家族さまの想いに応えるためにできること

セカンドオピニオンは「第2の意見を求める」と定義されていますが、当院では「第2の診療を行う」ことが、動物とご家族さまの想いに応えることになると考えています。

当院のセカンドオピニオンで大切にしていること

ご質問・気になることがありましたら、お気軽にお問い合わせください。
TEL:0250-24-2223
セカンドオピニオン希望とお伝えください。
わかる範囲で構いませんので、診察内容や検査データ、飲んでいたお薬がわかるようにしてきていただけると助かります。