PCAP一覧

PCAP ‘超三流になる その10’猫吐く+どうぶつPathoアート(NS capな勉強会:感染対策もScience)

小島動物病院AWC院長の小嶋です。PCAPとはPathology Centered Animal Practiceの略語で、‘病理学を中心にした動物の診療’です。ここでは動物の病理学に関わることを記載しています。2021…Read more

PCAP ‘超三流になる その9’稀な?リンパ腫+どうぶつPathoアート(NS capな勉強会:衝撃の事実/ちゃちゃ入れの参入)

小島動物病院AWC院長の小嶋です。PCAPとはPathology Centered Animal Practiceの略語で、‘病理学を中心にした動物の診療’です。ここでは動物の病理学に関わることを記載しています。2021…Read more

PCAP ‘超三流になる その8’血管肉腫+どうぶつPathoアート(NS capな勉強会:日本獣医皮膚科学会認定医×アジアスキンケア検定)

小島動物病院AWC院長の小嶋です。PCAPとはPathology Centered Animal Practiceの略語で、‘病理学を中心にした動物の診療’です。ここでは動物の病理学に関わることを記載しています。2021…Read more

PCAP ‘超三流になる その7’犬の褐色細胞腫+どうぶつPathoアート(NS capな勉強会:致知)

小島動物病院AWC院長の小嶋です。PCAPとはPathology Centered Animal Practiceの略語で、‘病理学を中心にした動物の診療’です。ここでは動物の病理学に関わることを記載しています。2021…Read more

PCAP ‘超三流になる その4’アレルギー性鼻炎+どうぶつPathoアート(待合室でPCAP:NS capのご紹介)

小島動物病院AWC院長の小嶋です。PCAPとはPathology Centered Animal Practiceの略語で、‘病理学を中心にした動物の診療’です。ここでは動物の病理学に関わることを記載しています。2021…Read more

PCAP ‘超三流になる その4’無菌性化膿性肉芽腫性脂肪織炎+どうぶつPathoアート(レゴニンジャゴー)

小島動物病院AWC院長の小嶋です。PCAPとはPathology Centered Animal Practiceの略語で、‘病理学を中心にした動物の診療’です。ここでは動物の病理学に関わることを記載しています。2021…Read more

PCAP ‘超三流になる その4’ 肝細胞癌+どうぶつPathoアート(HE染色グルーミング室)

小島動物病院AWC院長の小嶋です。PCAPとはPathology Centered Animal Practiceの略語で、‘病理学を中心にした動物の診療’です。ここでは動物の病理学に関わることを記載しています。2021…Read more

PCAP ‘超三流になる その3’ 形質細胞腫とトマトPathoアート(料理の切り出しは芸術だ)

小島動物病院AWC院長の小嶋です。PCAPとはPathology Centered Animal Practiceの略語で、‘病理学を中心にした動物の診療’です。ここでは動物の病理学に関わることを記載しています。2021…Read more

PCAP ‘超三流になる’ その3 犬の皮膚型リンパ腫、どうぶつPatho Art

小島動物病院AWC院長の小嶋です。PCAPとはPathology Centered Animal Practiceの略語で、‘病理学を中心にした動物の診療’です。ここでは動物の病理学に関わることを記載しています。2021…Read more

PCAP ‘超三流になる’ その1 マイボーム腺腫とサーフィン病理

明けましておめでとうございます。 小島動物病院AWC院長の小嶋です。PCAPとはPathology Centered Animal Practiceの略語で、‘病理学を中心にした動物の診療’です。ここでは動物の病理学に関…Read more